FEATURE

タブレット喫食管理の『テンビキ』の特徴

QRコード利用でそのまま食事を受け取る

テンビキfor喫食管理は社員食堂の喫食管理をQRコードを利用して
給与天引精算できるiPad Webアプリ&クラウドサービスです。

タブレット画面表示は複数のメニュー名および金額(任意)を設定することができます。画面デザインは予告なく変更する場合があります。

食事時の喫食管理(集計)を取る「テンビキ for 喫食管理」

※弁当などでの食事予約を行いたい場合は、テンビキfor弁当予約をご覧ください。

「テンビキ for 喫食管理」とは

「テンビキ for 喫食管理」とは喫食管理の給与天引きに特化したWEBアプリケーションです。
社員食堂の昼食時等に、従業員はiPadにて「A定食」「B定食」「カレー」「小鉢」等のメニュー(最大18種類登録可能)を選択し(複数選択可)、ICカード/QRコードを読み込みます。 読み込んだ情報はクラウドのデータベースに送信され、誰がいつ何を食べたのかを記録します。 管理者は食事情報を月毎のレポート(CSVファイル)で確認し、給与天引きのデータとして取り込むことが可能になります。

※18種類以上のメニューや予約との併用、帳票のカスタマイズなどは「社員TouchPay」で承っておりますのでそちらをご覧ください。

テンビキ for 喫食管理の流れ

テンビキ機能(喫食管理・弁当予約共通)

QRコード読み取り機能

専用アプリでメニューを選択、iPadのカメラにQRコードをかざすだけ。 QRコードは、スマホに画像保管するか、紙に印刷したものでも利用できます。
※ICカード利用の場合、こちらをご覧ください

精算管理機能(喫食管理)

管理画面から、社員別に日別の食事利用状況が確認できます。 締日で集計したデータをCSVで出力できるので、給与システムに取り込むことができます。

売上状況表示機能

食堂業者様向けに日別売上状況が、画面で照会できます。管理スタッフは、食堂業者様へ月別売上表を渡すことができます。また、食堂業者様が直接ログインすることも可能です。業者様専用のアカウントでは社員情報などの参照が出来ないため、安心です。

社員情報管理機能

社員情報を管理する機能を備えています。 一括で複数の社員を同時に登録することも出来るので、楽に入力作業を完了することができます。

食堂精算集計機能

日毎の食堂精算・メニューごとの喫食(予約を含む)を閲覧することができます。

各種標準CSV出力機能

喫食情報や社員情報などの各種帳票が出力できます。

テンビキシステム構成

必要な環境

テンビキをご利用いただくためには、管理用PCとiPad(第7世代以上)、テンビキご利用場所でのWi-fi環境、スマートフォンをご用意していただく必要があります。